岐阜・大垣周辺にて研究会を実施中でしたが、現在、マレーシア・ペナンに滞在中ですので、研究会は休止中です。 ご興味があるかたは、こちらのメールまで お問い合わせください。 →futo_sam@yahoo.co.jp  「ふと」まで

隠されていた空手 岐阜研究会

2018年01月30日

20180128の稽古

今日は朝から仕事。

お客様が次から次へと仕事を振ってくれるので対応が追いつきません。
そんな状態ですが、なんとか15:00までに仕事を終わらせ、UBERで帰宅。

シラットのトレーニングに行ってきました。

途中時間があったので、先生宅の近くの川で自分のコンドミニアムとよく氾濫する川を撮影。

立ち止まってみると、コンドミニアムでかいなぁという実感と、川に結構トカゲが泳いでるぁというのを発見。

たまには、ゆっくり周りを観ないといけませんね。

IMG_2683.JPGIMG_2682.JPG

さて、本日の稽古

■チェーンを使った受け、攻撃、振り回し方法

 □上段への受け

 □下段への受け

 □横方向への受け

 □横方向への受け(身体を転回)

 □攻撃(振り回し、スナップ)

 □振り回し/持ち替え

  ヌンチャクのように振り回しては、自分がダメージを受けます。中心を持って、バトンのように振り回したり、片方をもって遠距離を攻撃したり使い方様々。振り回しに慣れてくると、一本の棒のように感じてきます。これはなかなかおもしろい感覚でした。DIYショップで買ってこよう。

■chindaiと呼ばれる武器の使い方

 基本的にはサロンと使い方は同じだが、片方に鉄球が結んであるもの。

 これも自分にダメージが無いように扱わないと非常に危険。

 トラップしたあと、鉄球での骨への攻撃はまじ痛い。

 また、重さを利用した手や足の巻きつけ技も有効。見た目はそうでもないが、布に鉄球を入れただけで怖い武器になります。

■サロンでのトラップスパーリング

 Aさんと実際にスパーリング。

 約束組手ではトラップできてもなかなか実戦ではできませんね。

■Tari

 4エレメントを意識したTariを実施。

 Aさんの動画を撮影させてもらいましたが、私とは雲泥の差です。呼吸の要素がきちんと入り、踊っているように見えても、きちんと相手を想定されているTariでした。

 そのうちこのように舞えるようになりたいものです。



17:30-21:30までの稽古でした。

ありがとうございました。

posted by SAMMY at 00:16| 岐阜 ☀| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180121の稽古

今週はお客様が来社し、火曜日から土曜日まで対応。
かなり疲れた一週間でした。
今日は一日休息にあて、夜にはシラットの稽古に行ってきました。



先生によると、次のステップに入れるということで、やや難しめのメニューになってきました。特に今までは花のような技だったものを、実を結ばせる必要があるとのことです。



■4step

■カランビットナイフを使って4step
 ワイドスタンス

■カランビットナイフの各種斬りつけ方法、ステップ

■対カランビットナイフの組手

■4エレメントを使ったTARI



 シラットでいちばん苦手なのは、歳のせいなのかしゃがんで、グラウンドで戦うテクニックですね。日本の武道ではあまり観たことがありませんが、昔の武術ではあったんでしょうね。

 

19:30-21:30までの稽古でした。

ありがとうございました
posted by SAMMY at 00:15| 岐阜 ☀| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180114の稽古

昨日は深酒しましたが、今日は朝きちんと起きて、ジムで稽古。

その後、近くにできた日本食の食堂で鰻玉子丼とカツ丼を堪能。
オーナーが日本人なのできちんとした日本食でした。

その後、夜からSilatに行ってきました。



■蹴り

 1)サイドキック

 2)バックキック

 3)フックキック

 4)フックキック−サイドキックコンビネーション

 5)グラウンドでのサイドキック

 6)グラウンドでのバックキック

 7)膝蹴り

 一番の特徴は思い切り身体を寝かせること。

 普通の空手やテコンドーでは悪手かもしれませんが、対武器だと武器が当たりにくくなります。但し寝かせても安定感のある身体操作が必要になります。

 膝蹴りは必ず手に当てる

■突き

 1)掌底突き

 2)裏拳

 3)縦拳での突き

 4)外受け風突き

 5)内受け風突き

 全てナイフを持ったときに有効な技になりそうな動きです

■サロンでの受け

 サロンでのTariからトラップ。

 トラップしたら小細工せず、上下、左右に引っ張ってトラップ

 トラップしていれば、相手の攻撃があっても感知可能。

■4エレメントでのTari

 土:力強く

 水:力強い流れ

 火:歩法も攻撃も素早く

 風:緩急を付けて流れるように

■推手組手

 Aさんと組手。汗だくです。



最後先生に食事をごちそうになりましたが、Aさんからの教えに、「シャワーを浴びてても、髪をとかしてもシラットのことを考えること、シャワーの動作は上げ受けの動作、髪をとかすのは目潰しの動作に繋がる」

この言葉って、富名腰先生の「あらゆることを空手化せよ」に通じるなぁと思いながら聞いていました。

全ての武術に同じことが言えるのでしょうね。



18:00-20:30までの稽古でした。

みなさまありがとうございました
posted by SAMMY at 00:08| 岐阜 ☀| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする